高齢化社会の現実から見る介護職員の10年後を安定させるために

高齢化社会だから需要のある介護の仕事をやってみようかな?と思う人や、今介護の仕事をしている人で、将来が不安だと感じていませんか?そんな介護の需要や将来性についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これからの介護業界

高齢化率の推移

厚生労働省 年齢3区分別人口及び高齢化率の推移より引用

2019年現在の高齢者率は約28%になっています。国民の約3.5人に1人が高齢者になってきています。近年では出生率が一番高い団塊の世代が2015年に65歳を超えました。

医療が発展して寿命が延びているため、年齢ほど健康面では衰えておらず、65歳を過ぎて前期高齢者となっている方でもバリバリ仕事をしている人もいます。

しかし、今後も高齢化率はどんどん増え、20年後には約33%になり、3人に1人が高齢者となるでしょう。

介護職員の必要性

厚生労働省 第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数についてより引用

 

現在の介護職員の数は190万人ほど。

2025年に必要な介護職員の数は245万人だそうです。
しかし、その年の介護職員の人数は、推定215万人と見込まれているそうです。

つまり、30万人も介護職員が足りないということになります。

介護の仕事をしていれば将来安定か

介護の仕事は無くなることのない安定した仕事と思われています。

ちなみに安定の意味は、以下の通りです。

 物事が落ち着いていて、激しい変動のないこと。「心の安定を保つ」「物価が安定する」
 平衡状態に微小な変化を与えても、もとの状態とのずれがわずかの範囲にとどまること。「安定のいい花瓶」
 物質が容易に分解・反応・崩壊しないこと。「この元素は安定している」

引用元:goo辞書

仕事がなくならないという面では、間違ってはいないでしょう。今後も高齢化率は上がり、需要はどんどん増す一方です。しかし、現場に入っている人は今のままで何十年もその仕事を続けていけますか?
長い目で見ると、結婚した時や、子供が出来た時に、果たして今の給料が少し増えた程度で生活していけるでしょうか?
ただ与えられた現場の仕事をこなしているだけで、給料が上がりますか?

ちょっとお金の話

給料の話が出たので、ちょっとお金の話をします。
日本人はお金の話をすると、品がないだとか、金の話ばっかりと、いい印象を持ちません。
しかし私はお金の話をよくします。誰に何と言われようとそれは変わることはありません。給料を増やしたくないですか?ボーナス欲しくないですか?
お金の有無は選択肢の有無です。
仕事に不満があり、「私が経営者だったらもっとこうするのに」「お金があったら施設を作りたい」なんて言っている人をみたことありませんか?施設の経営者の人は施設を作るお金があったから、経営者になっているのです。お金のない人は施設を作りたい思っていても、お金がないから施設を作るといった選択が出来ないのです。なので私は、お金の話をするし、お金が欲しいと思っています。
自分の選択肢を増やすためにも。

 

安定だけで生活するのは難しい

ちょっと話がそれましたが、何が言いたいかというと、
仕事自体はなくなることはありませんが今のままでは昇給はあまり期待できないということです。結婚したり、子供ができるとお金はどんどん必要になってきます。
お金は大事で、介護業界で給料を増やすには、資格を取るなどのキャリアアップが必要と言いうことです。介護の業界は介護報酬というものが決まっているため、給料が上がりずらいのが現状です。

介護報酬についてはこちらのページの「給料の低さ」というところで少し説明してあります。

よほどのことがない限りはリストラされる心配もないですし、給料が減ることもないと思います。しかし、長く勤めても、資格のランクアップをしていかないとあまり給料が上がらないのが現状です。将来ずっと介護業界で仕事をするんだ!という人は必ず資格が必要になってきますので参考にしてください。

1ヘルパーから、介護福祉士やケアマネを目指す王道プラン

資格名期間/費用の目安取得するメリット
介護職員初任者研修
(ホームヘルパー2級)

人気度:★★★★★
最短1ヶ月
5万円台~

介護業界で一番最初に取得する資格で年収UP・キャリアアップの第一歩!
介護福祉士へとつながっていきます

実務者研修
(ホームヘルパー1級)

人気度:★★★★☆
保有資格によって異なる

介護福祉士を受験する為に必須の資格という橋渡し的な役割を持っています
現場でのサービス提供責任者にもなれます

介護福祉士
(受験資格も要チェック)

人気度:★★★☆☆
最短2ヶ月
8000円~

国家資格であり介護のプロと認められる
受験資格には3年以上の実務が必要!
2016年1月からは実務者研修の受講も必須

ケアマネージャー
(介護支援専門員)

人気度:★★☆☆☆
1万円台~

実務経験5年が必要なステップアップ資格
合格率も20%という難関資格です
介護福祉士の次の目標に!

2最短3日で取得できる簡単プラン

資格名期間/費用の目安取得するメリット
介護事務
(ケアクラーク)

人気度:★★★★☆
最短3日
2万円台~

介護保険制度を学びたい方や、介護業界でデスクワークしたい方にオススメ
修了試験もなく比較的、簡単に取得可能!
介護業界の中でも人気資格の一つです

ガイドヘルパー
(移動介護従事者)

人気度:★★★☆☆
最短3日
2万円台~

車椅子を使った外出介護など、全身性障害者や視覚障害者の移動介助が可能になる資格

介護予防運動指導員
人気度:★★★☆☆
1ヶ月

老人ホーム、デイサービス、訪問介護の現場で求められている資格!
予防分野は需要の高まりが見込まれます

 

3福祉系を組み合わせてステップアッププラン

資格名期間/費用の目安取得するメリット
福祉用具専門相談員
人気度:★★★☆☆
最短5日
3万円台~

貸与事業所には専門相談員の配置が義務化
必ず一定以上の活躍の場がある資格です

福祉住環境コーディネーター
人気度:★★★☆☆
3万円台~

3級と2級の合格率は約50%
1級が約5%という超難関資格

高齢者コミュニケーター
人気度:★★★☆☆
3ヶ月
3万円台~

高齢者との接し方に悩んでいる方は多いです。自己流から抜け出す良いキッカケに!

社会福祉士
人気度:★★☆☆☆
通学6ヶ月
通信7ヶ月

高度な知識とコミュニケーション能力が必須!医療機関や行政の地域包括支援センターなどでソーシャルワーカーとして活躍

引用元:介護資格の一覧表

まず介護福祉士の資格を目指し、自分のやりたい仕事、ニーズに合わせて、福祉用具専門相談員や福祉住環境コーディネーターなどの組み合わせ資格を取っていきましょう。これらの資格は介護福祉士資格と組み合わせることによって仕事の幅が大きく変わるのでキャリアアップしたい人はぜひ目指してみましょう。

 

まとめ

介護の仕事としては確かに安定しています。しかし、気持ちの安定は自分次第です。生活が不安になったり、精神的に嫌になったりしながら仕事をしているうちは本当の安定とは程遠いのです。向上心をもち、今後も介護業界で仕事をしていこうと思っているなら資格を取るなどのキャリアアップをして仕事的にも、精神的にも安定するために、ぜひ資格取得を目指しましょう。

 

 

 

コメント