認知症の接し方~言葉でいうのは簡単だけど実際は難しい~

認知症って言葉は知っているけど、実際認知症の人と接したことのない人はよく理解できていないと思います。もちろん長年介護をやっていても、きちんとした理解をすることは難しく、専門的な知識が必要です。

今回は、そんな認知症の方への理解と接し方について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中核症状と周辺症状

認知症は記憶障害、見当識障害、認知機能障害があり、記憶がなくなったり、今いる場所がわからなくなったり、判断能力がなくなったりする中核症状や

幻覚、幻視、妄想、徘徊などの周辺症状が現れ、会話もままならなくなったり、子供のころに戻ったり、あたかも誰かがいるかのように会話を始めたりします。認知症の方全てに見られる中核症状とは違い周辺症状は認知症の種類はや患者によって出たり出なかったりします。

詳しくはこちらの記事に記載してあります

認知症の種類 認知症の6割はアルツハイマー型
認知症の約6割を占めるアルツハイマーを含めこれらの3つの認知症は記憶を忘れるというより、記憶が欠落してしまうと言えます。記憶が欠落すると本人からしたら元々なかった記憶なので忘れたことを忘れてしまっています。最初は戸惑うこともあると思いますが、まず認知症をよく理解してケアしていくことが大切になってきます。

認知症の方への接し方

どんなことを言われてもまず受け入れる

言葉で言うのは簡単ですが、実際認知症の方を目の前にすると難しいです。特にBPSDを発症している場合、幻覚や、妄想なので受け入れがたいことを言ったりします。中核症状としても、短期記憶がどんどんなくなってきます。例えば朝ごはんを食べた直後にまだ朝ごはんを食べてないなんていうこともあります。その人の記憶では朝ごはんを食べたという記憶そのものがなくなっているんだと自分の中で受け入れることが大切です。

話を変える、そらす

上記のように受け入れたとしても、また食事させることは出来ません。そんな時は話をそらしましょう。基本的にはほんの少しで大丈夫です。ご飯を食べてないと言ったら、もう少ししたら作るよとか、洗濯終わったら作るねなど、一旦話をそらすことによって、朝食を食べなきゃという記憶がなくなります。その後、少し散歩に行きますかなど話を変えて対応しましょう。

もちろん全てうまくいくわけではありませんが、認知症の方ということを受け入れて間に受けるというより、ある程度聞き流し、適当に答えることで意外とうまくいったりします。実の家族になると簡単なことではありませんが。

自分が無理をしない

これが一番大事です。介護に集中するあまり、自分の気持ちに余裕がなくなると、不安になったりしてしまいます。中でも、家族の方が認知症で介護しなければいけない場合は余計に気をつけなければなりません。認知症の介護は1人では限界があります。認知症の家族のことで困ったり、悩んだりしたら、まず誰かに相談することが大切です。職員だったら、同僚や上司。家族の方だったら日本認知症学会や、地域包括支援センターなどにまず相談してみましょう。

日本認知症学会

【日本認知症学会】 Japan Society for Dementia Research
日本認知症学会のホームページ認知症専門医制度・専門施設について

地域包括支援センター

一般社団法人 認知症予防協会
一般社団法人 認知症予防協会へようこそ。認知症は早期発見、早期治療が重要です。

まとめ

いくら言葉や文字で説明しても、人それぞれ症状は違いますので、上記のやり方が全て正しいわけではありません。それでも基本的な接し方なのは間違いないです。

認知症の方は記憶が欠落します。忘れるのではなく、もともと無かったことになるので、ご飯を食べた後にご飯を食べていないと言っても、さっき食べたでしょなんて言わず、まず受け入れ、話をそらして、違う話をしましょう。

 

コメント