施設の種類

介護士の仕事内容

特養の仕事内容とは?知らなきゃ損する介護の仕事

24時間体制で利用者を支援して行くため、早番、日勤、遅番、夜勤、様々な勤務時間があり、その日の勤務の時間帯で仕事内容も変わることが一般的です。 主な仕事内容は、食事、入浴、排泄介助のような一般的な介助やレクリエーションや記録の記入、利用者の支援の見直しなどがあります。
介護士の仕事内容

老健の仕事内容とは?知らなきゃ損する介護の仕事

老健には介護士を始め、医師、看護師、理学療法士など、様々な職種が混在し全ての分野から連携して利用者の在宅復帰を目指します。 利用者の人数は施設の部屋数によって定員数が違い、職員は利用者の1/3の人員基準が必要なため、利用者が60名いれば職員は20名以上必要となります。
介護士の仕事内容

小規模多機能の仕事内容とは?知らなきゃ損する介護の仕事

小規模多機能の仕事内容としては、訪問介護、デイサービス、ショートステイすべての仕事を網羅していて複雑なため一つずつ説明します。小規模多機能においての訪問介護 訪問介護の仕事は利用者の自宅に訪問し、利用者の希望に合わせて身体介護、生活援助をおこなうことです。 身体介護とは、食事介助や排泄介助などの身体に直接触れる介護のことを言い、生活援助は一般的な家事をおこなうことを言います。
介護士の仕事内容

グループホームの仕事内容とは?知らなきゃ損する介護の仕事

仕事内容としてまず始めにやらなければ認知症の理解です。認知症の症状がどんな症状なのか理解しないことにはいい支援ができません。 認知症を患っている全ての方は認知症の中核症状である記憶障害や、見当識障害などが見られます。調理や洗濯、掃除、買物など日常生活に必要なことを利用者と共におこないます。
介護士の仕事内容

ショートステイの仕事内容とは?知らなきゃ損する介護の仕事

ショートステイの正社員の仕事内容として単独型と併設型の違いを交えて説明します。 単独型ショートステイの仕事は基本的に他の入所型施設と変わらず、食事介助、入浴介助、排泄介助などの身体介護や掃除、洗濯などの身の周りのお世話です。
介護士の仕事内容

デイサービスの仕事内容とは?知らなきゃ損する介護の仕事

デイサービスの仕事内容はヘルパーが社用車で行きと帰りの送迎を行ない、日中はトイレ誘導、オムツ交換といった排泄介助や食事介助、入浴介助、レクリエーションなどを行います。