介護業界、時給ナンバーワンの訪問介護!意外と楽だった!?

突然ですが、皆さんは給料をいくらもらっていますか?

夜勤手当を含めて20万前後の人が多いと思います。
基本給が15万だとすると1カ月1日8時間、22日働いて176時間。それを基本給で割ると

150000÷176=約852

時給852円です。

介護職員のほとんどはこのことに気づいていません。

私も専門学校を卒業して、介護福祉士の資格を持って施設で働きましたが、基本給は12万5千円でした。
時給に換算すると710円です。

しかし、訪問介護は時給がその倍以上なんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

訪問介護とは

利用者が自宅に居ながら、自立した生活が送れるように、
介護スタッフが訪問し、利用者に合わせて身体介護や生活援助を受けることが出来るサービスです。

通称ホームヘルプサービスとも言われています。

訪問介護の内容

要介護度的には比較的軽度の高齢者が利用します。

利用者が在宅で自立した生活を送れるように支援する仕事です。
大きく分けて、身体介護生活援助の2つに分けられています。
分けられているといってもどっちかだけということではありません。

訪問介護の事業所に登録して、利用者の要望に応じて、身体介護と生活援助を行います。

身体介護は、オムツ交換や食事介助など直接利用者と関わる仕事で、

生活援助は、買い物に行ったり、掃除をしたりといったように間接的に利用者と関わる仕事です。

基本的に職員は直行直帰で、一日中一人の利用者の自宅で介護をするわけではなく、一件あたり、30分から1〜2時間程度の身体介護、または生活援助を1日に数件周り、その人にあった介護を提供するシステムです。

高時給の理由

施設には看護師や事務員、他のヘルパーなどがいます。

訪問介護は基本的に一対一です。要支援、要介護者の介護報酬は同じなので、人数が少ない分、時給が高くなります。

しかし、一対一なので責任は施設での仕事よりも重いです。

そんなに身構えることもありませんが、プレッシャーに感じることもあるでしょう。

私の地域では時給1200円から多いところだと2000円を超えるところもあります。

身体介護と生活援助で単価が違い、私の知る事業所は、比較的楽な生活援助の方が時給1200円、利用者と直接接する身体介護は1950円でした。

「楽」は考え方による

一対一なので煩わしい人間関係もなく、比較的時間に余裕があるので、お話し相手になったり、自分の話を聞いてもらえたり、利用者に寄り添った介護ができるので、施設でのせわしない仕事とは全く違います。

週2で2時間からOKといったところも多く、「空き時間に数時間だけ」とか、「子供が学校に行ってる間だけ」と考えている方は、自分に合った働き方ができると思います。

 

高時給の訪問介護の思わぬ落とし穴

訪問の仕事は、基本的に自家用車など自分の足でいろんな家に行くので、ガソリン代がかかります。

交通費を全額出してくれる事業所も少なくありませんが、
基本的に1/2から1/3出ればいい方でしょう。

正社員になると事業所の車でお伺いすることになったりするので、一概には言えませんが。

それからいろんなお宅に伺うことになるので、
必ず空き時間ができてしまいます。

8時〜9時までやったあと、別のお宅に9時に伺うことはできませんよね?

早くても次に入るお宅は9時半からになってしまいます。

1日に少しでも稼げればという人は気にならないかもしれませんが、
1日6件とか多く周る人は30分ずつ空いたとすると2時間半は空き時間になってしまい、時間効率が悪くなったりします。

その移動時間も給料が出るところもありますが、ほとんどは出ません。

フルで働こうとすると、
8時から18時まで10時間のうちに、働けたとしてもせいぜい6~7時間程度でしょう。

しかも、身体介護と生活援助は選ぶことはできないので、一日全部、生活援助だった場合、1200×7=8400。

日給は8400円になってしまうのです。

ほぼないと思いますが、全部、身体介護の場合は
2000×7=14000。

でも日給14000は難しいでしょう。

平均すると11200円。

ただし、ガソリン代が出ないところは、実費のガソリン代がマイナスになってしまいます。

他にも早朝手当や深夜手当などもあるので、正確には伝えられませんが、これは、あくまでも一例なので、求人などをよく読み、計算するようにしましょう。

働くには介護資格が必要

ここまで読んで訪問介護がやりたいと思った人もいると思いますが、実は訪問介護は資格が必ず必要なのです。

一対一でしかも利用者の自宅に行くことになるので、知識のある有資格者でないと働くことが出来ません。

訪問介護事業所で働きたい方は、資格取得を目指してみましょう。

実務に活かせる2つの介護士の資格~初級、中級~
介護士不足で悩まされる中、 ますます高齢化が進み、介護士の需要は高くなっています。 2025年には3人に1人が65歳以上になり、 介護職員は約250万人必要だと言われ、 その年の介護職員は推定約215万人で約40万人の人手不足になる...

まとめ

高時給といっても、1日に働ける時間が短い上に、ガソリン代もかかるとなると、月収は他の施設とそんなに変わらないんですよね。

施設で働くのは嫌だって人にはいいかもしれません。

私が訪問介護を実際にやっていて、しんどかったことは、利用者の家族との関係です。

ほとんどの方は「いつもありがとうね」などと言ってくれるのですが、一部の家族の方は、

「埃一つ落とすな、物の位置を1ミリも動かすな」

など結構無茶なことを言ってくる人もいます。そのお宅に行くときは神経をフルに使ってましたね。

訪問介護は時間効率を気にしてしまう人には不向きかもしれませんが、主婦の方や、のんびり介護をしたい人、ある程度稼ぎつつ、時間を有効活用できる方にはオススメです。

働きたいけど資格がないという方は無料で資格を取る方法もあるのでぜひ活用してみてください。

無料で資格が取れる!働きながら0円で介護資格が取れるかいご畑
近年の高齢化で介護業界では人手不足に陥っており、同時に介護の質の低下が問題視されています。 介護の仕事は基本的に無資格で働けますが、どうせ働くなら、資格を持っていたほうがいいですよね。 しかし、取得するには時間とお金が必要になってきます...

コメント