もう失敗しない! 介護士が良い職場に転職するためのたった一つの方法

介護の転職

転職で失敗しない方法を教えてください。

 

そんなご質問をいただきました。この記事は以下のような人に向けて書いています。

  • 転職しようと思っているけど、今より働きずらい職場だったらどうしよう。
  • 入社したばかりだけど失敗したな。
  • 何度も転職に失敗しているから、もう失敗したくない。
  • どうすればちゃんとした職場で働けるんだろう。

結論としては、以下のことに気を付ければ間違いなく失敗をせずに転職できます。

  • より多くの求人から探す
  • 自分一人で探さない
  • 本気でいい職場を探す

以上の条件を満たせば確実にいい職場に出会うことができます。

 

そしてこの条件を満たすためにもっとも効率的な方法が介護専門の転職サイトです。

 

『自分は転職サイトは使わないよ』という方、もちろん無理に利用しろとは言いません。確かに、抵抗がありますしね。

 

私も最初は『転職サイトなんか使わなくても自分で見つけられるし』と変なプライドを持っていました。

 

しかし、そのプライドのせいで、転職を5回もすることになってしまいました。

 

今回は以上の結果と、その理由、私自身の経験談に基づく失敗例をもとに解説していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職に失敗し続けた私の転職が成功するまでの道のり

 

結果からお伝えすると私は転職サイトを利用し、月収が毎月30万円を超えるようになりました。夜勤もなく、役職もついていない一般介護職員です。

 

上記の写真は平成30年の私の実際の年収です。賞与を合わせると年収400万円です。

 

全国平均以下ではあるものの、介護職の給料としては高いほうです。自慢したいわけではなく、実際に稼いでいるという人がいることを知ってほしいのです。そしてあなた自身も稼げるようになります。

 

ここからは、そこまでに至るまでの経緯をお伝えしていきます。

 

この経験を書くことで転職で悩んでいる人の手助けになることを願っています。

 

何もわからなかった初めての就職

 

私は福祉系の専門学校を卒業すると同時に、介護福祉士の資格を取りました。そして初めて就職した職場で以下の洗礼を受けました。

 

  • 給料が低い(手取りで14万円)
  • 休みが少ない(月6回程度)
  • 有休もとれない
  • 相談にも乗ってもらえない

 

初めての就職だったのでこれが当たり前だと思い込んでいました。そして辞めるきっかけになったのが休みの減少でした。

 

あるとき職員が2,3人一気に辞めたことにより、急激な人手不足になり、何とか回すために残っている職員の休みが削られ、その時のシフト表を見た時に驚愕しました。

 

123456
夜勤明け
789101112
夜勤明~早

 

この勤務をこなしていくと考えた時にもう無理だと思い、当時主任だった人に「この勤務が続くようなら辞めたい」と話しました。

 

すると当時の施設長がそれを聞いて電話をかけてきて「おまえ辞めたいんだってな。だったら今すぐ辞めちまえ」と言われそのまま退職しました。

 

辞めた直後は、働かないと収入がないのですぐにハローワークで仕事を探し、新たな職場に就職することになりました。

 

初めての転職

 

2か所目の職場は仕事内容的には自分に合ったものでしたがやはり給料が少なく夜勤を月8回やっても手取りで17万円でした。

 

2年ほど続けましたが一人暮らしをしていることもあり、その金額だと貯金もあまりできなかったので転職することを決意しました。

 

そしてハローワークなどで求人を探していても手取りで20万以上の求人がなかなか見つからず、工場で働くことにしました。

 

2度目の転職

 

工場での仕事のことはあまり関係がないので手短にはなりますが、工場も収入は増えたものの結局休みが少なく、自分に合っていないと思い辞めることを1年で決意しました。

 

3度目の転職

 

この時に結婚したこともあり、『安定した職場』を探すようになり、責任者と募集が出ていたオープニングの求人に応募しました。

 

覚えることもたくさんあり、大変でしたが、給料も手取りで24万円もらっていたのでこのまま頑張っていこう。と思っていた矢先、会社が倒産することになってしまい、新たに仕事を探さなくてはいけなくなりました。

 

4度目の転職

 

今後の人生を本気で考えた時、「このままではいけない」という強い気持ちになり、プライドを捨て転職サイトに登録することを決意しました。

 

登録すると早いところは5分ほどで連絡が来ます。

 

給料はどのくらい欲しいかや、働き方や、夜勤の有無などをヒヤリングしてくれて自分に合った求人をいくつか紹介してもらいました。

 

私は面接や見学に何度も言っていたので見学や面接の同行はお願いしませんでしたが、希望があれば同行してくれます。

 

そして紹介してもらった中の一つの職場で働くことになりました。

 

すると、月に10日休みがあるのにも関わらず、手取りで28万円もらえるようになり、休みもお金もある程度自由がきくようになったので安定した生活を送ることができるようになりました。

 

なぜ転職サイトを利用しただけで成功できたのか?

 

就職や、転職に失敗する人の特徴は狭い範囲の求人しか見ていないからです。

 

ハローワークや求人サイトで出回っている求人は全体の求人のおよそ20%です。

 

仮に全体の求人が100あるとして、ハローワークや求人サイトの求人は20%の20個。それしか知らないと20個の中から仕事先を見つけなくてはいけません。

 

しかし、転職サイトを利用することで、母数(選べる求人の数)を増やすことができます。

 

残念ながら、すべての転職サイトが連動しているわけではないので、1つ登録すれば100個すべての求人を見るということはできませんが、登録する転職サイトが多くなればなるほど、この母数は増えていきます。

 

単純に1つの転職サイトに登録すると20の施設がみられるようになるとして、この場合、4つ登録すれば100個すべての求人を見ることができるようになります。

 

すべての求人を見ることができれば自分に合った職場も見つかりやすくなります。

 

転職サイトすべてに登録しなさいという意味ではなく、登録すればするほど自分の納得できる職場が見つかりやすくなるということです。

 

しかし、求人数が増えれば増えるほど探すのが大変になってきます。

 

探すのが大変になると人はどれでもいいやという気持ちになってしまいます。これが一番危ないです。

 

私は今まで何度も転職してきました。嫌になってその日のうちにやめたこともあります。

 

そして稼がないといけないという不安から、ネットやハローワークなどで求人情報を見ていましたが、結構な数の求人数があり、どこが自分に合っているのかもわからず、給料面だけで判断して、ある程度よさそうだと思ったところに急いで就職していました。

 

結果、なかなかいい施設と出会うことができず、気づけば5回も転職をしていました。

 

ネットやハローワークの20%の求人だけでもこれだけ探すことが大変なのに、見る求人が増えるともっと大変になります。

 

しかし、転職サイトに登録すれば自分専門のアシスタントがつき、事前に伝えておいた情報(どんな職場がいいか、給料はどのくらいがいいかなど)に合った施設や事業所を見つけて、提案してくれます。

 

そしてこのアシスタントは、仕事を探してくれるだけにとどまらず、給料の交渉や、履歴書の書き方見学の同行面接の同行面接の仕方など、転職するときのあらゆる不安を解消してくれます。しかもこのサービスを無料で受けることができます。

 

なぜ無料で紹介してくれるかというと、施設側はいい人材を確保したいが、普通に求人を出すとだれかれかまわず応募してきてしまいます。

 

そこで施設はより本気でいい施設を探している人を確保するため、転職サイトに非公開求人として募集をかけます。

 

そしてその転職サイトを通して求人をかけ、双方が合意し、人材を獲得することができれば、転職サイト側に紹介料を支払います。

 

  1. 施設は本気で仕事を探しているいい人材を確保することができる
  2. 転職サイトは紹介料を受け取ることができる
  3. 自分はいい職場で働くことができる

 

つまりWinWinWinの関係になります。

 

よって、転職サイトは無料で利用でき、登録すればより多くの求人から、自分専門のアシスタントが自分に合う職場を見つけてくれます。

 

そして給料の交渉、履歴書の書き方、見学、面接の同行などもフォローしてくれて不安をできる限り解消してくれるということです。

 

失敗続きの転職からわかったこと

 

まず、転職に失敗しないためには『転職サイトに登録すること』これが絶対条件です。

 

何度も言いますが、絶対、転職サイトに登録しなさいということではなく、『転職に失敗したくないなら転職サイトを使うべき』ということです。

 

ここからは転職サイトを使うべき理由と何回も転職をしてきた私が失敗してきたからこそわかったことをお話していきます。

 

転職した時の失敗1 視野が狭すぎた

 

ほとんどの人が転職をするときハローワークや一般的なネット求人を見て決めていると思います。

 

私もそうでした。しかし、前述した通り、ハローワークや一般的なネットに出ている求人は全体の求人の20%でしかありません。

 

その20%の中から探すのと、残りの80%を合わせて100%の中から探すのとだと、いい職場を見つけられる可能性が5倍にもなります。

 

このことを知らず、20%の中から仕事を探していても自分に合った施設に出会える可能性は確実に低くなります。

 

このことからわかる教訓としては、普通に見ることのできる求人は20%しかないことを知り、より多くの求人を見ることです。

 

転職サイトに登録することがめんどくさい、なんか不安といったそれだけの理由で人生が左右されます。

 

めんどくさいもの、不安なのも今だけです。転職で失敗したくないなら『めんどくさい』、『不安』という気持ちに打ち勝ちましょう。

 

転職した時の失敗2 誰にも頼らなかった

 

私は今まで転職は一人でするものだと思い込み、自分で職場を探したり、自分で面接に行ったりしていました。

 

でもそれだと自分が正しい道を進めているのかわからなくなり、正しい道を進めているかわからなくなると人は不安になってしまいます。

 

その結果、間違った道に進んでいたとしてもそれに気付くこともできずに、そのまま働き始めてしまっていました。

 

このことからわかる教訓としては、正しい仕事の探し方を知ることです。

 

仕事の探し方を知ると言っても、正解があるわけではありません。ここで伝えたいのは『あなたに合った正しい仕事の探し方』を知るということです。

 

人は一人ひとり違う思考を持っているので、全員に合う仕事の探し方は存在しません。

 

専門家に相談することで、自分に合った仕事の探し方を見つけられます。

 

転職した時の失敗3 あせりすぎた

 

最初に転職した時もそうですが、転職するときのほとんどがすぐに働かないといけないと思い、焦って仕事を探していました。

 

施設がどういった仕事内容で、昇給やボーナスがどのくらいあって、この先もずっと働いていけるのかを調べもせずに、求人情報に記載されている給料だけを見て、転職していたのです。

 

その結果、働き始めてみたものの、『何か違う』と感じることが多く、不満がどんどん募っていき最終的にはまた転職するというループにはまっていきました。

 

このことからわかる教訓としては、あせらないということです。

 

本気で転職をするなら、確認しなければいけないことがたくさんあります。

 

給料はどのくらいかはもちろん、長く働くうえでの人間関係仕事内容有給取得率残業の有無など。

 

しかしこれらを知ろうとすると施設に確認をしなければいけませんし、聞きずらいこともたくさんあります。

 

そしてその確認を何度もしていると、時間がどんどん過ぎていきます。

 

しかし転職サイトを使えば、アシスタントが気になることを自分の代わりに聞いてくれるので、あせる必要もなくなります。

 

以上の失敗から学ぶべき教訓は、『見ることのできる求人を増やす』『誰かに頼る』『あせらない』この3つです。

 

そしてこの3つを簡単に満たす方法が転職サイトです。

 

無料で登録するだけで、非公開求人を見ることができて、専属のアシスタントがつき、あなたの条件にあう職場をすぐに見つけてくれます。

 

しかも、転職サイトは、求人を紹介してくれるだけにとどまらず、転職についての相談にも乗ってくれます。

 

  • 今の職場を辞めたいんだけど転職しようか悩んでる
  • 人間関係がうまくいかない
  • 給料が少ない

 

こちらも転職サイトを利用した時の大きなメリットになります。不安で一人で悩んでいるよりも、誰かに聞いてもらったほうがすっきりしますしね。

 

以上のことが、転職に失敗したくないなら転職サイトを使うべき理由になります。

 

転職サイトを利用して転職に成功した人の声

26歳 男性

4.5

自分の希望に合った職場が見つかりました

介護業界に特化した求人が多く、その中から自分に合った職場に就職することができました。給料はすごくいいとまではいかないものの、ある程度いただけるようになり、今の職場は環境もとてもいいです。

 

人にもよりますが、仕事をするうえで給料よりも大切なこともあります。仕事の内容や人間関係がうまくいかなければ給料がよかったとしても、長く働いていくことが難しくなってしまいます。給料も大事ですが、やはり安定して長く勤めるには職場の雰囲気もとても重要になってきますね。

 

32歳 男性

5

今の働き方に満足しています

前の職場は夜勤も多くて、友達と飲みに行く時間があまりとれていませんでした。介護はそういう仕事だと思っていました。でもアシスタントにもっと働きやすい仕事があると言われて、見学に行ってみると今の職場とは全く違った働き方でした。今ではこの施設で働きながら、友達との飲み会にも行けるようになったので満足しています。

 

自分の職場しか知らないとそれが当たり前だと思ってしまう人が多いです。私もそうでした。しかし世の中には何万という施設があり、その一つひとつ、働き方が異なります。まずは自分の理想とする働き方を考え、アシスタントに相談することで自分の理想とする職場を見つけやすくなります。

 

24歳 女性

4

気軽に相談できた

転職サイトって堅苦しいイメージがあったんだけど、いざ登録してみたら、意外とラフで連絡や相談もLINEでできました!多少堅苦しいところはあったけど、LINEで相談できたのはよかったかな。

 

最近はLINEでやり取りするところも出てきて、より便利になっていますね。LINEだとすぐ見ることもできるし、電話でいわれただけの情報より、記録に残る文字のほうが忘れないで済みますしね。

 

27歳 女性

4.5

現在仕事探し中

今はまだ在職中ですが、近々辞めようと思い、転職サイトに登録しました。仕事探しはもちろん、現状の仕事や具体的に辞める日などの相談にも乗ってもらってます。周りに介護をしてる人が少ないので、相談できてとても助かっています。

 

いちばん無難な転職の方法がこの人のように在職中から転職サイトに登録し、仕事を探すという方法です。在職中のサポートから、辞める時に円満退職できるようなアドバイスももらえます。

 

まとめ

 

記事冒頭でも話しましたが、転職に失敗しないためには、より多くの求人から探す、自分一人で探さない、本気でいい職場を探すことです。

 

そして以上の条件を満たすための、もっとも効率のいい方法が転職サイトを利用することです。何度も言いますが本気で転職をしたい人は必ず利用しましょう。

 

これまでの情報をまとめておきます。

 

  1. 一般的に出回っている求人は全体の求人のおよそ20%
  2. 転職サイトに登録することでより多くの求人(非公開求人)を見ることができる
  3. 転職は一人でするには限界がある
  4. 転職サイトのアシスタントに手伝ってもらうだけで、一人で探すよりも楽に、より良い職場で働くことができる。
  5. 本気で転職を成功させたいと思っているなら転職サイトを利用するべき

 

転職サイトを利用しなくても転職はできるでしょう。しかし、何年か働いた後に後悔する確率が高いです。

 

なぜなら、転職する前の職場(今の職場)と同じような探し方になり、新しく働き始めたとしても結局また仕事を辞めたくなって転職しての繰り返しになってしまうからです。

 

最初に話した通り、この私も同じことをしています。「転職サイトは使わない!」と変なプライドをもっていたことによって転職を成功させるまでに約10年もかかってしまいました。

 

それでも抵抗のある方は、無料ですので登録してやるかくらいの気持ちで登録して非公開求人というものがどんなものなのかだけでも確認してみてはいかがですか?

 

参考:介護福祉士がおすすめする転職サイト10選!働き方別ランキング!

 

 

コメント