意外と知られていない?介護職一押しの小規模多機能型居宅介護

いろんな業種を臨機応変に

変り映えのない日々にピリオドを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意外と知られていない?介護職一押しの小規模多機能型居宅介護

あまり聞いたことのない方もいると思いますが2012年頃創設された種類の施設で、
一般的に訪問介護通所介護短期入所生活介護すべてを受けることのできる施設です。
登録制で最大29人までの利用者が登録できます。
内容は訪問介護、通所介護、短期入所生活介護とほぼ同じですね。

介護業界、時給ナンバーワンの訪問介護!意外と楽だった!?

介護なのに夜勤がない?日中だけの通所介護

こんなこともできるんだ!短期入所生活介護の実態!

登録した29人のうち、1日に利用できる利用者はデイサービス18人まで、ショートステイは9人までとなっており、利用者にあった介護サービスを提供できるシステムです。デイサービスを利用しているが、急な用事ができてしまったなどの家族の状況に合わせてそのままショートステイを利用したりできます。

小規模多機能型居宅介護の仕事内容

私が働いていた施設のタイムスケジュールの一例です。

私が働いていた施設は、訪問が少なかったので、スケジュールには入っておらず、家族、利用者の希望によって変動します。

でもこの表を見ただけでは、わかりづらいですよね。

少し追加で説明します。

見た通り、普通の施設とあまり変わらない感じがしますが、
利用者の人数が大きく違います。
前述したとおり、29人までの登録制、1日に利用できる利用者はデイサービス18人、ショートステイは9人までとなっていて、変動がありますが、少ない人数で、介護度も比較的軽いので、身体的にも楽なほうでしょう。

施設介護なのに夜勤が一対一

通所、泊まりの人数が、毎日変動します。
利用者Aさんは月水金だけ、デイサービスを利用し、
利用者Bさんは火曜日だけデイサービス、土曜日に泊まり、
などというように、曜日によったり、月によったりで変わります。
お盆、お彼岸、正月などは結構利用する人が少なかったりで、
実際、私は大晦日に夜勤をやった時、利用者が一人の時もありました。

小規模多機能型居宅介護施設で働くメリット

仕事が通所、訪問、泊まりと色々な仕事を体験でき、将来的にも役に立ちます。
登録制なので利用者の変動が少なく、一人ひとりと向き合い、信頼関係を築くことができます。
もちろん夜勤もあるわけですが、ショートステイ利用者が9人までなので夜勤は比較的楽です。
小規模多機能型居宅介護はアットホームな施設が多く、施設全体で家族のような雰囲気が味わえます。

 

お給料の話

気になる給料の話をします。
結論から言うと他の事業所と大して変わりありません。しかし、楽しみながら介護が出来ると思えば、いいほうでしょう。例えで出すと、24歳の私の給料は26万でした。

私がいた施設では、登録制で最大29人ですが、常に24~25人程度でした。そのため、施設長をはじめ、職員みんなで、利用者を増やそうと努力し、結果定員の29人になることもありました。その分スタッフにも還元され、定員マックスになったときは、みんなで豪華な食事に連れて行ってもらったこともあります。

まとめ

私も実際、小規模多機能型居宅介護をしていましたが、きついと感じたことは少なかったです。
年が若いこともあって、皆さん、孫のように接してくださいました。
私がおすすめする理由は、自分に合っていたのもありますが、なんといってもちょうどいい働き方だったからです。
施設内で外の空気も吸わずに、黙々と介護をする施設より外に出られて、いろんな家に訪問してせわしない訪問介護よりのんびりできる。

私にはこれがちょうどいい働き方でした。

就職、転職の際、「介護」と調べるだけでなく、「小規模」と調べるだけで今後の生活が変わるかもしれないので、頭に入れておくといいでしょう。

コメント