介護老人保健施設とは?医療福祉の最前線!

介護老人保健施設の仕事内容は?

医療機関と連携して、要介護者の在宅への復帰を目指し、生活している利用者の介護をします。要介護者の介護度は軽度から重度。人数も少なくありません。内容的には施設介護とほぼ変わりませんが、医療の場なので、看護師も多く在中していますので、専門的な知識が必要であったり、職員が少ない場合は、一般的に禁止されている医療行為をやらされることもあるみたいです。介護職においての医療行為はあいまいなものが多いのでよく確認しましょう。医療行為に関して、わかりやすい記事があったので引用させていただきます。

介護職の医療行為、これからどう変わっていく?

私が経験したのは学生時代の実習だけですが、医療の場ですので、危険性があることは、利用者の希望が通らないといった印象を受けました。もちろんそれも大事なことですが、私の思う、介護と看護のちがい、介護士と看護師の違いは、介護士は「この人はお餅が大好きだからどうにかして食べさせてあげたい」と考え、看護師は、「この人はよく噛まないし嚥下(飲み込み)能力が低いから食べさせてあげられない」と考えている印象です。もちろん看護師を悪く言っているつもりはありませんし、間違っているとも思いませんが、そういった、気持ちと現実の違いが悩みの種になったりもしますね。

メリット

多くの看護師が在中しているので、何かあった時は頼りになりますね。同時に普段は経験できない医療行為を間近で見られます。薬の種類や、どの病気がどういった症状が出るのかなど、見ることが出来るので、後に自分の親などが病気になった時に知識がついていれば、老健で働いていてよかったと思うこともあるでしょう。

デメリット

前述しましたが、介護と看護の考え方の違いがある以上、自分の思った通りにいかないこともあるでしょう。もちろんどの職場でもそうですが、気持ちが通じないのは心苦しいです。あとはなんといっても医療行為をやらされることもあるというところでしょう。きちんとやっている施設はまずありえませんが、人が足りないと、点滴を抜くなどの医療行為をやらざるを得ない場合があります。なにが医療行為なのかをきちんと理解して、断ることが出来るようにしましょう。

まとめ

見た目は介護施設ですが中身は病院に近いイメージです。病気の方が多いので、緊急の対応も少なくありません。気持ちに余裕があり落ち着いた状態で介護に入りたいですね。私は実習で1ヶ月行っただけですが、いい経験になりました。どの職場の人も真剣にやっていれば、意見のぶつかり合いはありますよね。

コメント