30代でも遅くない 介護士の転職理由と転職を成功させる方法

介護の仕事は離職率がとても高いです。

きつい仕事内容、安い給料。

それに加えてギクシャクした人間関係。

いろんな年代の人がいて、いろんな考えの人がいる介護業界。

そんな介護業界で生きていくには、職場選びをきちんとしないと、絶対に長続きしません。

これから書いてある記事は今の職場を辞めて転職を成功させたいと思っている人に出来れば最後まで読んでいただきたいです。

むしろ最後だけでもいいです。何かを変えたいならまず知識を付けて、考え方を変えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いい施設は求人が出ない

いい施設といっても人それぞれなので、一概には言えませんが、ここで言ういい施設とは、離職率が少なく、職員の不満が少ない施設を指します。

単純に離職率が少なければ求人は出ないですよね。

なので現時点で求人を出している施設は誰かが辞めた施設といってもいいでしょう。

ここで大事なのはその辞めた誰かはなぜ辞めたのか。というところです。

 そもそもなぜ辞めるのか

介護職をやっていく上で、多少仕事がきつくても、給料が良くて、人間関係も問題のない施設をやめたいと思いますか?

ほとんどの人はやめたいとは思わないと思います。

そもそもなぜ辞めるのかというのは、この記事を読んでる今の職場を辞めたいと思っているあなた自身が一番わかっているはずです。

あなたがもし、今の職場を辞めたら施設は新しい人を募集します。

見方を変えると求人募集をかけている施設は、誰かが辞めた施設と言えます。

もちろん、辞める理由は人それぞれですので、その施設があなたに合っていないとは言い切れません。しかし、そういった施設で働くということは、将来的に辞めたくなる可能性が非常に高いということです。

 いい施設は職員が充実している

人手不足と言われている介護業界でも、何年も求人もかけずにやっている施設もあります。

それは辞めたいと思う人が少なく、辞めたとしても、求人募集をかけなくても、回せるほどの人材が揃っているということです。

職員の欠勤や忌引きなどで急な出勤をしたことがある人もいるのではないかと思います。

しかし、こういった優良施設だと、職員が1人2人休んでもカバー出来る環境が整っています。

どうすれば長年働ける施設と出会えるのか

働いてみないとわからないのではっきりいって運です。しかし、その運の確立を少しでも上げることで自分に合った長年働ける施設と出会えることができます。ここからは転職する際の探し方について説明していきます。

 自分に合った施設を知る

施設は人によって合う合わないがあります。あなたが嫌で辞めた施設も他の誰かからすれば働きやすいいい職場なのかもしれません。

まずあなたがどういった働き方をしたいのかを明確にしてメモをしておきましょう

給料はどのくらい欲しいか、夜勤は出来るか、月何回か休みの回数はどのくらい欲しいかなど。

これが転職成功への第一歩です。

その条件を明確にしておかないと、いざという時に必ず失敗します。転職しようと思っている人は今すぐに自分の条件をメモしましょう。

 資格は持っているか

これは介護職をやっていく上で非常に重要です。

資格を持っていないと、自分の意見を言っても聞いてもらえません。

面倒でも自分の身を守るためにも資格は必ずとったほうがいいでしょう。

資格を持っていない人は絶対に資格を取ってからの転職の方がいいです。

後回しにすると結局取るタイミングを逃してしまいます。

働きながら無料で資格を取る方法が書かれた記事があるので参考にしてみてください。

いい職場に出会うための方法

あなたの思ういい職場がわかったら求人選びです。

ふつうにネットなどで調べても結局同じことの繰り返しです。どういう風に探したらいいのかを説明します。

 介護専門の求人サイトに登録する

 求人サイトとはどんなイメージでしょうか。

登録しないといけないサイトばかりで、躊躇してしまうんですよね。

しかし、本気でいい施設で働きたい人は一歩踏み出して、一度登録してみましょう。

介護専門の転職サイトに登録した時のメリットについてお話しします。

 非公開求人がある

非公開求人とは読んで字のごとく、公には公開していない求人のことを指します。

これは、転職サイトに登録した人限定で見られる求人のことを指します。

なぜ非公開にするのかというと、次のような理由が挙げられます。

  • 人気求人の場合
    求人案件が人気の高いものである場合に、応募者が殺到する可能性があり、求人側が応募数の調整を行うため、非公開求人として募集を行い、応募過多により通常業務に支障をきたすことなく、採用を完了するために行います。
  • 専門的な経験やスキルが求められる求人である
    求めている人材が専門的な経験やスキルを必要とする場合に、求人側が応募条件に見合う人材のみと面接を行い、より効率的な採用活動を行うために非公開求人として募集を行います。
  • 急募の場合
    急な欠員などで、すぐにでも人材の確保が必要な場合、求人広告を作成・掲載している時間がないため、非公開求人として募集を行います。
  • 在籍しているスタッフより高給な場合
    キャリアのある人員を採用する場合や急募をする場合などはお給与を含めた待遇面を良くして、どうにか人員を獲得したいと考えます。
    その場合、在籍しているスタッフよりも給与水準が高いケースが発生します。
    そういった場合には士気が下がらない様、非公開求人として募集を行います。
  • 採用計画を他の施設へ知られたくない場合
    募集内容や新設する施設の内容など、他の施設に知られたくないときに非公開求人にする場合があります。
    施設も経営をしている為、採用計画・採用枠を外部へ漏らしたくはないからです。
  • 採用にかかる時間を削減したい場合
    限られた時間の中で、多くの求職者から応募が入った場合には選考に時間がかかってしまうもの、採用担当者が多くいれば時間を割くことは可能ですが、施設長等が一人で採用担当を行っていることも多く 採用に時間を割く事が難しい場合もあります。
    始めからある程度マッチした人材の選考を望むケースがあります。

上記のことから、好条件求人ということが出来るでしょう。

 

専属のアシスタントが付く

一人で求人を探すのには限界があるし、不安も多いです。

そんな悩みを解決してくれるのがアシスタントです。

経験豊富なアシスタントが、あなたの悩みを親身に聞いてくれて、アドバイスしてくれます。

利用者の声を少しだけ紹介します。

Kさん(26歳)女性

介護の仕事を始めて4年、理想と現実との間で会社のやり方に不満があり、意見をしても聞いてもらえず、残業もサービス残業が当たり前。利用者のことを思うと、辞めることが出来ず、1年ほど悩んでいましたが、介護の転職サイトのアシスタントに悩みを聞いてもらい、アドバイスをもらったうえで、一歩踏み出す勇気をもらい、無事に転職を成功させることが出来ました。今では会社との関係もよく、残業もほぼなくなり、楽しく仕事ができるようになりました。

Oさん(30歳)男性

2年前に結婚し子供ができて、給料に不満が出てきました。自分一人の給料では到底養うことが出来ず、妻にもフルタイムで働いてもらっていました。夜勤も多く、子供との時間もなかなか取れず。転職しようにも、家庭のことを考えると転職する勇気が出ず、悩んでいたところ、何の気なしに見つけた求人サイトに登録し、不安に思っていることを伝えたところ、条件に合った施設(デイサービス)を紹介してくださり、夜勤もないので子供との時間もゆっくり取れて、今では、管理者候補として給料も上がり、妻も一日3時間のパートで余裕で生活できるようになりました。あの時求人サイトに出会っていなければと思うとぞっとします。介護職で悩んでいる人にはぜひ利用してもらいたいです。

Tさん(42歳)女性 パート

今まで施設のパートで時給900円で働いておりましたが、資格も持っていなかったので、雇って頂いているだけで、ありがたかったのですが、友人に紹介してもらった転職サイトで無料で資格も取れて、仕事も紹介してくれるというので登録してみました。コーディネーター(アシスタント)の方と二人三脚で週に数回、数カ月スクールに通わせて頂き、無事初任者研修を取得することが出来ました。今では訪問介護のお仕事で、時給も約2倍の1700円という高時給をいただいております。

この方たちのように、アシスタントは転職したいけど不安だという方に適切なアドバイスをしてくれて、仕事を紹介してくれます。

こちらの介護で転職を考えるあなたへ 転職サイトおすすめ6選!で紹介しています。

 

 オープニングスタッフで探してみよう

介護未経験の人には荷が重いと思いますが、一定の経験があり、自分なりの介護感があるのであれば、オープニングスタッフもオススメしています。

オープニングスタッフをおすすめする理由として以下のことが挙げられます。

  • 上司が少ない
  • 融通が利きやすい
  • 給料が高め

この3つは介護職を長く続けるうえでとても重要になってきます。

既にある施設などに就職すると、会社の理念、やり方、全てが決められており、あなたがどんないい介護感を持っていても聞く耳を持ってくれないところが多いです。

しかし上司が少なければ意見しやすいし、意見を聞いてもらいやすいです。そのうえ従業員も少ないので、融通も聞きやすいです。

給料も新しく始めるにあたって会社側も、来てもらわないと困るので給料も高めに設定することもあります。

意外と検索条件に入れない人が多いので、会社に言われた通りの介護が嫌だったり、新しく何かを始めたいという人は自分の条件にオープニングスタッフも追加してみてもいいでしょう。

まとめ

介護職の平均勤続年数は約3年と短いです。私も実際長くても4年程でした。

すると周りにこう言われるんですよね。

  • 「根性がない」
  • 「いい大人なのに」
  • 「社会不適合」

私も数えきれないほど言われました。

素直な人はそれをそのまま受け止めてしまいます。

自分は根性がないんだ。社会不適合なんだ。

そう思い始めると、何をやるにも自信がなくなり、それと同時にやる気もなくなり、自分はダメな人間だなんて思い始めてしまったりします。

でもそんなことはないです。

なにかを嫌だと感じるのはすごく当たり前のことだし、それを我慢してやる人が偉いわけじゃないです。

もちろん我慢しなければいけない時もあります。

でも全てを我慢する必要なんてありません。

自分が自分らしく生きていくにはまず自分の生活と気持ちを安定させること。

そのためには嫌な職場はどんどんやめて、早いうちに自分に合った職場を探すのが一番です。

 

コメント