【現実】介護の仕事は自分を犠牲にしないとできない?

働かないでダラダラ生活したい!お金が欲しい!遊んで暮らしたい!私はいつもそんなことを考えています。それが私の欲求です。

あなたの1番の欲求はなんですか?その欲求は今の生活で得られるものですか?

自分の本当の欲求を少し考えてみましょう。

あなたは「介護」という仕事に何を求めていますか?

お金ですか?

自由な時間が取れる休みですか?

これから言うことは介護という仕事に、お金と、時間の両方を求めている人に向けて言います。

これは私の意見ですが、

お金も欲しい、

休みも欲しいと、

両方を求めている人は、

すぐに介護職をやめたほうがいいです。

働く場所にもよりますが、

介護業界唯一の国家資格「介護福祉士」でさえ、

10年勤続して、夜勤も月に8回とかやって、

やっと25万くらい。

ケアマネージャーの資格を取ってもそんなに大差ない。

これを

「そんなにもらえてるならいいじゃないか」

という人もいれば

「それだけしかもらえないの?」

という人もいると思います。

それは、個人の感覚なので否定はしません。

でもよく考えてください。

夜勤を8回やっているということは、夜勤手当が入って25万です。

夜勤手当が1回につき1万円だとしたら8万円。

25万から引くと17万。

そこから資格手当1万引くと16万、交通費、その他手当の1万円を引くと、15万円。

本給15万円。。。

月22日仕事をするとしたら日給6818円

8時間働いているとしたら、時給852円。。

この数字を見てどう思いますか?コンビニの時給と同じ、もしくは低いくらいですよね?

もう一度言います。

10年勤続して、夜勤も月に8回とかやって、やっと25万くらい。

ボーナスも年一回1か月分15万。

計算すると年収315万。

30歳の平均年収とされる436万より121万も低く、月約10万も差があります。

 

これをどう考えますか?介護の仕事しかしたことがない人はそれが「当たり前」だと感じているでしょう。

ちゃんと調べれば給料も同等で、もっと楽な仕事も山ほどあります。

別に介護の仕事をしないほうがいいと言っているわけじゃない。

ただちゃんと考えてほしい。

自分の人生を。

パートナーの人生を。

家族の人生を。

自分が何もせず、給料を上げたい、休みを増やしたい、というのは無理があります。

大切なのは、自分が変わること。思考を変えること、仕事を変えること。

そうしなければ、一生低賃金、重労働からは逃げられません。

私は最初に就職してから、ずっと考えていました。

もっと給料を上げたい、

もっと休みが欲しい。

ある日、

「10年頑張って働いたら、給料40万超えますか?」

と聞きました。

するとこう返ってきました。

「それは難しい」と。

その時私はやめることを決意しました。

続き→【現実】現場を離れ管理職になると給料が下がる?

コメント