介護職の夜勤の空き時間の使い方と夜勤前の心構え!

介護の仕事

介護と夜勤ってセットなイメージがあると思います。

中には夜勤をやりたくないけど、

少しでも給料を増やすために渋々やってる人とか、会社の方針でやらなければいけなかったりとか、酷いところは男なんだからやれとか言われたりもすると思います。

その切っても切れない関係の介護と夜勤。

みなさんはどう乗り越えていますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夜勤に入る前の心構え

多分夜勤に入る前の日中、出来るだけ遅くまでダラダラ寝て、夜勤に備えるなんて人も珍しくないと思います。私もそうでした。でもそれだと余計だるくなって、夜勤中に眠くなってしまいます。

ではどうするのがベストか、

私が実際に行なっていたことを紹介します。

出来るだけふつうに寝る

夜勤の前の日はなるべく遅く寝て、

なるべく遅く起きるなんて日常を送ってました。しかし、睡眠において大事なことは、疲れを取ることです。遅くまで寝るために遅くまで起きているというのは、余計疲れが溜まるだけで、むしろ逆効果なのです。

日々の疲れがあるわけだから、

その日の疲れはその日のうちに多少なりとも解消しなければいけません。

東京西川・日本睡眠科学研究所認定のスリープマスターである富下瞳さんという方によると

「朝起きて夜眠るというのが、光や体温の関係からみても一番適切なリズムです。長期間不規則な睡眠生活を送っている方は、不眠症の有症割合が高いとされています。虚血性心疾患、高血圧、肥満や糖尿病などの生活習慣病、また、乳がん、大腸がんなどの発症リスクも上昇します」

引用元:産経新聞

このような状況を少しでも和らげるために、

出来る時は、出来るだけ規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

朝からしっかり動く

夜勤前は時間があるからと

遅くまでダラダラ過ごし、朝食も食べないなんて人もいると思います。

前述した通り、出来る時は出来るだけ、規則正しい生活を送った方が絶対的にいいです。

朝起きて、身支度をして、朝食を食べて、軽く運動をして、昼食を食べる。

そのあと、出来れば昼寝をして、また少し疲れを取る。

そうしてスッキリした状態で夜勤に行くのが望ましいでしょう。※個人差もありますが。

私はこのやり方で、スッキリした状態で夜勤にのぞめました。

 

睡魔との戦い

夜勤中に一回も眠くならない人は多分いないと思います。

3時から6時頃が睡魔のピークとも言われています。

夜勤中は特にすることもなく、テレビを見るか、スマホをいじるか。

目は液晶画面を見ていると疲れます。

目をつぶって休ませることも必要でしょう。

出来ることなら気分転換に少しでも外の空気を吸いましょう。落ち着きますよ。

空き時間の活用

かの有名なトーマスエジソン。

彼は「睡眠は時間の浪費」といい、

1日に4、5時間ほどしか眠らなかったといいます。

ここでちょっと考え方を変えてみましょう。

夜勤をやっている人は、明らかに夜勤をやらない人より、起きている時間が長いということですよね。

人よりも長く起きているということは、

人よりも長く考えたり、勉強したり出来るということです。

つまり、夜勤の時間をうまく活用できれば、

夜勤をやらない人より、知識が増やせる。ということになります。

私は知識は資産だと考えています。

この知識を増やせば、将来役に立つこともあるでしょう。

私の場合は副業のための勉強などをしていました。

もちろん、体のためには睡眠が必要ですが、

その睡眠が取れない以上、時間を出来るだけ有効活用しましょう。

 

この手は使いたくないが最終手段。

これを言ってしまうと元も子もないのですが、夜勤をやりたくないのであれば、転職をお勧めします。

同じ介護でも夜勤がないところもありますし、介護ではない仕事ならいくらでもあります。

夜勤がない介護でいうと、デイサービスや訪問介護などがあります。

内容を説明した記事がありますのでぜひ読んでみてください。

介護なのに夜勤がない日中だけの通所介護

介護業界、時給ナンバーワンの訪問介護!意外と楽だった!?

 

まとめ

ここまで話しましたが、働き方は人それぞれなので、自分にあった働き方をするのが一番です。女性で言えば、不規則な生活でホルモンバランスを崩したりすることもあると思います。

人は身体が主体です。その身体が動かなくなったらなにも出来なくなってしまいますよ。

どの仕事も大変ですが、必ず自分にあった働き方が見つかります。諦めないで、いろいろチャレンジしてみましょう。

コメント